装備変更リスクを限りなく0にするシミュレーターの紹介

 

1ヶ月に1~3件程度,お問い合わせから装備やステータス,ダメージについての質問がきます.内容としてはステータスが伸び悩んでいて,どうやってステータス,ダメージを伸ばしていくのか分からないというものが多いです.

 

色々なブログを見るとキューブを使って強い装備を作成しているので,自分もそれをまねたら良いのだろうか?という質問もしばしば.方向性としては間違ってはいないものの,キューブに期待しすぎているように思います.

 

 

 

 

ブロガーは廃人の集まりだと考えた方が無難

 

本題に入る前にメイプルブログを見るときの心構えを少しだけ.メイプルブログを運営している人の大部分は一般プレイヤーでは考えられないほど課金していると考えた方が良いです.

 

色々とブログを見て回ると,レジェンダリー装備画像があり,ステータス重複の潜在があり,課金額の明示はないという記事が多々あります.これにより,キューブに慣れていない人はキューブに淡い期待を持ってしまいがちです.とりあえずその幻想は捨てましょう.

 

 

キューブの怖さを体験できるキューブカルキュレーター

 

599

>>キューブ効率最大化を考えた結果がこれ  – 悪銭身に付かず

 

注意

キューブの潜在設定法則,等級上昇確率は公式で発表されていません.恐らく現在までの経験則に基づくデータを元に作成されています.これによって得たデータは参考にとどめたほうが無難です.

 

こちらの記事に”悪銭身に付かず”さんが作成したキューブカルキュレーターというものがあります.簡易的な使い方として,上記のように適当な防具1つに潜在を設定してキューブボタンを押します.すると,現在のSTR6%よりも強い潜在が付くまでのキューブ使用回数をカウントし,結果が”キューブ”右のボックスに表示されます.

 

試しに防具3カ所エピックのSTR6%スタートでSTR9%相当になるまでシミュレートしてみてください.実際にメイプルでキューブを回すと11回で1,500円ということを考えると,潜在の重複(STR6%,STR3%とついて合計+9%など)がいかに難しいかが分かり,ユニーク書,レジェンダリー書の価値がなぜ高いかが良くわかります.

 

 

ステータス,ダメージシミュレーターを使う

 

以上のように,メイプルはキューブすれば攻撃力が上がるという認識は正しいものの,闇雲にキューブを回すと投資に見合った攻撃力を得ることが出来ません.自分が倒したいボス,自分が出したい攻撃力に焦点を当て,どの装備にキューブを使っていくのが,あるいはMTSで装備を買うのが効率的なのかを考える必要があります.

 

601

 MapleDPM本部 – かえででせいしん

 

そこでダメージ計算用シートを使います.ブログ上では大抵DPM(Damege per minute:1分間無抵抗のモンスターを殴り続けたときの理論的ダメージ)計算シートとして紹介されているので上級者向けツールと思われがちですが,ステータス計算,ダメージ計算,ボスへのダメージなどを非常に簡単にシミュレートできます.

 

注意

公式ツールではないため,アップデートによる通知のないスキル仕様変更に対応していない,間違いがあるなどの可能性があります.あくまで参考としての使用を推奨します

 

 

 

DPM エクセルシートに必要なもの

 

Excel,LibreOffice(Calc)などのExcelに互換性のある表計算ソフト.Excelは有料なので,持っていない場合は無料のLibreOfficeがお勧めです.LibreOffice(旧:OpenOffice)はオープンソースで作成された昔からある有名なソフトです.最新のExcelと比較してデザインが若干古くさいのを除けば非常に有用です.

 

DPMシートを開く際に”マクロが含まれています”という注意文が出ます.わたしが確認した限りで問題はありませんが,もし心配な場合はウイルスソフトでウイルスチェックをしてください.また,同様のエクセルシートを勝手に2次配布(禁止されています)しているところからはウイルスの心配もあるのでダウンロードしないことです.

 

DPMシートはかえででせいしんさんだけが作成しているコンテンツではありません.他にもオリジナルのDPMシートを配布している方はいますので,2次配布であるという勘違いをしないように注意してください.

 

 

DPMシートの使い方

 

難しそうにみえてかなり簡単です.

 

調べたい職業を選ぶ

 

589

シートは職業毎に分かれています.ページ下部のタブから調べたい職業を選びます.

 

 

590

 

例えばKaiserの場合,2月6日更新分では3つのタブがあります.

  • Kaiser:現在のもの,普通はこれを使います
  • Kaiser(FLY):韓国,GMSなどで実装されたアップデート(FLY)を元にしたもの
  • Kaiser(SEED):韓国,GMSなどで実装されたアップデート(SEED)を元にしたもの

 

将来日本にも来るであろうアップデートの内容を適用しているタブもあります.現在のステータス,ダメージシミュレーターとして使用する場合は()付きでないものを選びます.

 

 

ステータスをあわせる

 

591

 

カイザーのタブを開くと上部にステータスの画面があります.まずは”表示”と書いてある部分の最小と最大がゲーム内のステータスと一致するように作業をします.ちなみに,DPMシートには最初からLv200でそれなりに装備を調えた状態を想定した数値が入っています.

 

数値を変更できるのは青い欄だけです.オレンジや黄色は変更してはいけません.

 

 

598

ゲーム内のステータスを参考にします.

 

 

592

 

 

まず変更するのはLv,潜在能力,ステータス補正.HPはデーモンアヴェンジャー以外は攻撃力に反映されないので無視します.装備欄を武器から順番に自分が装備しているものと変更していくのが一番ですが,おおまかな目算で数字を入れていくのもありです.

 

例えば,装備の合計攻撃力が600,STR補正が800,DEX補正が400程度を想定したなら装備欄の合計がそれと同様になるように,適当な欄に数字をまとめて入れてしまいます.それぞれの潜在補正を潜在欄に入力し,大まかに表示ステータスが自分のものと同じなら良しという考え方です.この方法は装備交換妄想などに便利です(装備変更時にSTR600→500に下がるけれどボスダメが30上がったらどうなるかなどのおおざっぱな計算)

 

スキルによるステータスの変更は自動で計算されているので,装備による補正のみ入力します.また,同じ装備を入力したはずなのに表記ステータスが現在よりも高く出たときは,リンクスキルやパーティースキルがかかっている可能性があるのでそれらをチェックしてください.

 

 

ボスダメ,防御無視,クリティカル

 

 

595

 

潜在,ファミリアで付くことがある青窓の総ダメージ,ボスダメージ,ダメージ追加+を入力します.ボスダメージに関してはステータス欄に表示されているのでその数字と同じものをいれます.クリティカルも同様です.

 

 

598

 

ステータス画面のボス攻撃力とクリティカルを入力します.ただし,防御無視だけはこのまま入力できません

 

 

594

 

ボスダメージなどは加算後に計算されますが,防御無視は1つ1つで計算されるというメイプルの仕様があるために防御無視は合計値を入力することが出来ません.5%を積み重ねて出来た無視30%と1つで30%無視だと後者の方が効果が大きくなるという仕様です.これにより,合計防御無視が100%を超えてもモンスターの防御率を100%無視できません.

 

 

スキルダメージの確認

 

597

 

 

以上の入力を終え,リンクスキルやパーティースキル,自身のスキルなどを修正したら右側にあるスキル欄を見ます.例えば,ギガスラッシャーの場合,赤丸がノーマル時の単発ダメージで,下にクリティカル時の単発ダメージが表示されています.

 

ギガスラッシャーは9回攻撃(ハイパースキルで+1で10回)なので,単発ダメージx10のダメージが合計として表示され,ディレイなどを加味した1分間ギガスラを打ち続けた時のダメージが分間ダメージとして表示されます.

 

例えば,ギガスラで単発1M出すために必要なステータスはここから逆算できるわけです.ボスダメは今のままで武器攻撃力を100上げたらどうなるか,STRをxxだけ増やしたら,ボスダメを増やしたら,防御無視を増やしたら・・・という様々な角度から自分の求めるステータスに到達するための方法を考えることができます.

 

 

ボスの想定

 

596

 

ボスには防御率というステータスがあります.これが高ければ高いほどこちらが与えるダメージが減少します.初期で入っている防御率40%はホーンテイルのものです.自分の想定するボスの防御率をGoogleなどで調べて入力します.無属性耐性はエレメンタルリセットを持っていない職業のダメージが強制的に半分になるというボス特有の性質です.ヴェラッドやピンクビーン,アビスボスなど特定のボスが持っています.

 

 

装備変更時に有用

 

文章にすると面倒くさそうですが,ゲーム画面を見ながら入力すれば10分~20分程度で終わります.入力を終えたものは一旦保存しましょう.デフォルトのものが欲しくなればまたダウンロードし直せば良いです.

 

 

 セット効果を持つ装備

 

573

 

最近実装される装備はセット効果を持つものが多くなってきました.セット効果には非常に強力なものがあり,ボスダメージ増加や防御無視,攻撃力上昇などがあります.ここで問題になるのが,セット効果は実際に装備しないとステータスに反映されないことです.

 

例えば,ヴェラッド上級装備4種を装備するとセット効果で攻撃力+やボスダメージ+30%がつきます.このセット効果を加味して,今の装備と交換するとどの程度ステータスが変化するのかが手計算だと非常に面倒です.また,ヴェラッド装備にどの程度潜在をつけたら今より強くなるのか,4セットではなく3セットではどうかなどの様々な状態をシミュレーションしたくなります.

 

そういった時に,上記のようにDPMシートに数字を入力していれば非常に簡単です.該当する部分の数値を変更すれば,表示ステータス,想定するボスへのダメージなどを即座に知ることが出来ます.実際に装備してみて期待していたほどステータスが上がらない,下がってしまったというリスクを限りなく減らすことができます.

 

 

武器なのか防具なのか

 

防具1つ1つにステータス%補正をつけたくなるときがあります.実は防具1つ1つにお金をかけるよりも,そのお金で武器1つをMTSなどで購入した方が強くなることが多々あります.実際に入力してみると分かりますが,攻撃力とボスダメージの増加はステータスに大きく寄与します.

 

また,今の防具にキューブを回すよりもセット効果のある未潜在の装備を買った方が強くなるかもしれません.あらゆる場合をシミュレートして,いかにお金をかけずに強くなるかを妄想できるのがDPMシートの強みです.

 

どれに投資しても同じようなステータスの伸びしか期待できない場合は,上記のキューブシミュレーターを使用して機械的に最も投資価値のあるものを見つけ出すのも面白いです.

 

 

最後に

 

DPMシートで数値を弄っているうちに,ステータスを上げることの難しさに気づくと思います.最新の装備に拘らず,MTSで安いものを買い集めたり,レベルを上げたり,リンクスキルキャラクターの育成,キャラ札,イベントアイテムなど強くなる手段はキューブ以外にも様々です.

 

もちろん,強くなろうとすればするほどキューブは避けて通れない道ではあります.ただ,闇雲にお金を突っ込むと大失敗してメイプル自体に嫌気がさしてしまうかもしれません.

 

最近だと,ゼロ,冒険家,ビーストテイマーなどで強力な指輪が育成によって入手できたり,REDコインでの肯定混沌,エピック書,RED書などの配布があったりと課金しなくても強くなれる要素が色々とありました.それより以前ならSAOコラボの黒の騎士勲章などもそうです.

 

長い目で見ればイベントをこなすだけでもキャラクターは強くなっていきます.急ぎすぎず,イベントがない期間はサブキャラクターを育成するなどして過ごすのも1つの手段ではないでしょうか.もちろん,色々と考え,自分の投資額に見合った強さを手に入れることができそうなら全力でキューブするのも正しい選択肢です.

 

 

注意

 

この記事で紹介したシミュレーターは自己責任の元で使用し,使用により不利益をこうむったとしても制作者に責任を求めないようにしてください.

 

 

 

 

2 返信
  1. fdaエヴァン
    fdaエヴァン says:

    確かに無課金者によるブログ装備は紹介しないですね。
    私はキューブは実像、怪しいキューブは実像すべきだと思います。
    理由は潜在能力が再設定できない状況です。無課金は課金アイテム買えないので。まあ私は買わないけど。
    これをやれば私もすべてエピックは可能になります。
    後ノーマルとレア等級の顔変化廃止してくれないかなあ。
    あれマジ邪魔。

    返信
    • AsroK
      AsroK says:

      >>fdaエヴァンさん
      コメントありがとうございます.

      エピック等級なら無課金でも作成できる機会が増えましたし,怪しいキューブのような無課金でも使えるキューブが実装されると便利そうですね.邪魔な能力と言えばやたらと潜在重複する防御とか魔法防御も何とかしてもらいたいもの.これがSTRなら・・・と毎度悔しくなります.

      返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。